イズミ

粗大ごみ・不用品の処分、捨て方について

粗大ごみ処分のイメージ

粗大ごみ・不用品の処分、捨て方について

引っ越しや模様替えするときに出るのが「粗大ごみ」です。粗大ごみと呼ばれるものは一般的には指定のゴミ袋に入りきらないサイズのものや、粗大ごみで指定されている品目などです。代表的なものだと掃除機や洗濯機などの家電やテーブルやベッドなどの家具です。

粗大ごみの捨て方は様々

そういったいわゆる「大型」のごみを捨てる「捨て方」には様々な方法があります。

粗大ごみの捨て方(1)オークションで売る

まず日程に余裕がある人は「オークション」で売る事です。運送会社に代引きや引取りをお願い出来る事に加え、捨てようと思っているものを「再利用」出来るためエコになります。他にも地域にあるリサイクルショップも使えます。リサイクルショップの場合、引取りは無料だが査定額が低いというのが通常です。手間をかけたくない人にはリサイクルショップもおすすめです。

粗大ごみの捨て方(2)役所に依頼して引き取りしてもらう

それから一番一般的なのが地域の役所に電話予約をし、引取りしてもらう事です。スーパーなどでサイズ別に分かれた「シール」を購入し、品目名と名前を書いた上で予約の際に指定された日時にゴミ置き場に出すと引取りしてくれるというものです。リサイクルショップは最悪無料、良ければいくらかの売上が上がりますが、通常の引取依頼では「出費のみ」になるというのが特徴です。またゴミ置き場までは何としてでも「自分で運びださなければならない」為、高齢者の方や一人暮らしの方にはなかなかハードな作業となります。

粗大ごみの捨て方(3)廃棄物処理業者に依頼する

他には個人で経営しているような「廃棄物」業者に依頼する事です。このような業者は実際には廃棄せずにまた下請けの会社へ修理して転売しているような事もありますので、前に紹介した方法よりは高額に設定されているのが特徴です。かくいう私も一度CDコンポを見積もりに出した時に引取り金額が10000円と言われ大変驚いた事があります。

不用品処分・粗大ごみ廃棄業者の選び方

廃棄業者を使う場合は知り合いの紹介などで利用する方が安心です。良くポストに入るチラシなどで依頼するとチラシに記載の提示価格より実際は高くなるというのが自分の経験上確率が高いです。

不用品回収業者をお探しなら→不用品回収情報センター | 粗大ゴミの処分料金や回収業者の評判は?

他にもある粗大ごみの捨て方いろいろ

また明らかに故障して保証期間も切れているものであれば「潔く捨てる」ように踏み切れますが、家具などは愛着があり、なかなか捨てにくいものもあります。その場合、「捨てる」という方法に至る前に「リノベーション」という手段もあります。解体して違うものを作ってみたり、ペイントして色を変えてみたりです。色を変えるだけでもまるで新しい家具になったかのような変化が楽しめますし、何より環境に良い方法です。

最新記事